誰にでもわかる包茎の治療方法を紹介します

勃起したときに亀頭が皮膚・包皮に覆われている状態を包茎と言います。幼児期は完全に覆われているものの通常は少しずつ亀頭部が露出しながら大きくなるのですが、何らかの理由で一部・あるいは全部が隠れたまま大きくなるのです。病気ではなく治療の必要はありません。小さいときに割礼をする国では逆に包茎になるための治療を行なう方が多かったりもします。ただ、日本では包茎をコンプレックスに思う男性が多くいて、包茎手術は男性向けのクリニックでよく行なわれる症例です。場所が場所だけに治療したいけれど病院に行くことができず家でどうにか直そうとしている方も多くいるでしょう。デリケートな部分のため、自分で直すには清潔な状態に下上で、無理をしないことが大切です。包茎の種類によっても違ってきます。

包茎を自力で直すための方法とは

包皮が覆いかぶさった状態となっているなら毎日剥くようにして剥いた状態に慣れさせるようにしましょう。ただ皮の先端の穴が狭いカントン包茎だと剥くよりも前に穴の大きさを広げる必要があります。指を入れて左右にやさしく引っ張ってやって徐々に開いていきましょう。どちらの方法もある程度は痛みを感じるでしょうが、毎日続けることによって、痛みもすくなくなっていくでしょう。数ヶ月から半年間はかけて少しずつ治していくようにしましょう。どうしても痛みが激しいようなら無理をせず病院での治療に置き換えましょう。病気ではないので無理をしてまで治す必要はありません。どうしても治したいというのなら包茎手術することで起こるリスクやデメリットについても知っておくようにしましょう。

病院での包茎の治療方法について

病院で手術してもらう場合は、包皮を切って中の亀頭を露出させる方法が主流となっています。軽度の場合であれば、切らない手術法というのもあります。むいた状態にして、皮を細い糸で数箇所縫ってむけるクセをつけてやるのです。まずは診察してもらってからどちらが良いのか相談するようにしましょう。術後もしばらくは性行為やスポーツ・入浴・アルコールなどさまざまな制限がされるでしょうが、医師のいうことを守ってトラブルが起こらないよう注意しましょう。何件も症例数を持っている信頼できる医師選びが大切です。見た目の美しさにこだわりたいのであれば泌尿器科で、保険適応で行なうよりも費用はかかっても美容外科クリニックに行った方が安心できます。大学病院などではあまりやっていないです。

実際に手術を体験した方の口コミや実績などをもとにランキングを決めています。 当社のサイトでは、包茎手術に関する様々な情報の掲載を行っており、口コミなどをもとにしたランキング形式によるクリニック紹介も行っています。 包茎には性病などの問題もあります。大切な彼女のためにも手術を検討しましょう。 男性の方が、気軽に受けられるように、包茎手術のランキングを行っており、少しでもお役に立てればと思います。 包茎治療の事でお悩みなら!